価格で徹底比較!パンフレット印刷通販会社ランキング
価格で徹底比較!パンフレット印刷通販会社ランキング
価格・品質ともに満足なパンフレット印刷通販会社を探せ
1位 印刷通販JBF
【中綴じA4/8P/コート90kg/100部/7営業日】
  6,370円
初回注文限定、毎日先着100名のみ激安のお試し印刷あり(例:中綴じA4×8ページ/100部/両面カラー/
5営業日 2,000円)
詳細はこちら
2位 イロドリ
【中綴じA4/8P/コート90kg/
100部/7営業日】6,667円
詳細はこちら
3位 PAC印刷通販プリントパック
【中綴じA4/8P/コート90kg/
100部/7営業日】19,000円
詳細はこちら
パンフレット印刷通販会社 HOME » 印刷通販を利用する前に解消したいQ&A » 専門・業界用語集

専門・業界用語集

パンフレット印刷・DTPの現場において、よく使われている用語をまとめています。

パンフレット印刷に関する用語集

「印刷の種類」「現場でよく使われる用語」「データに関する用語・ソフト」「データ形式」に分けて紹介していきます。

印刷の種類

現場でよく使わわれる用語

データに関する用語・ソフト

データ形式

ページ番号の表記って?

表紙周りのページの呼び方

冊子の各部位の呼び方

サイズ

製本サイズ最終的に製本されて出来上がった状態の冊子のサイズのことです。

■仕上がりサイズ

印刷会社で冊子を作るときには、最初から製本サイズの紙に印刷するわけではありません。初めは大きめのサイズの紙に印刷し、これを製本サイズに合わせてカットすることで適切なサイズに仕上げます。

この工程の中で、最終的に製本に使用される部分のサイズを仕上がりサイズと呼びます。

仕上がりサイズと製本サイズでは言葉の使われ方は異なるものの、サイズそのものには変わりありません。

塗り足しサイズ

製本したときにフチまで背景があるようなデザインの場合、仕上がりサイズぴったりで背景を入れてしまうと断裁したときの誤差で白いフチができてしまうことがあります。

これを防ぐため、データを作成するときには背景を前後左右に3㎜ほど伸ばします。

この部分のことを塗り足しといい、仕上がりサイズと塗り足し部分のサイズを合わせたサイズを塗り足しサイズと呼びます。

製本形式

■中綴じ製本

中綴じ製本とは、冊子を開いた状態の紙を2つ折りにして中心を針でとめる製本の仕方です。

このとき1枚の紙は冊子にしたときに4ページ分になるため、ページ数は4、8、12、16など4の倍数になります。

中綴じ製本のデメリットとしては、針でとめるため分厚い冊子には向かないということです。しかし、根元までしっかりと開くことができるため2ページにまたがる大きな写真などを載せたいときには適しているといえます。

■無線綴じ製本

無線綴じ製本は、本文ページを背に糊付けして冊子にする製本の仕方です。

ほとんどの本この方法で製本が行われており、分厚い冊子でも適用することができます。

むしろ、薄い冊子では糊付けできる部分が少ないため厚い冊子に向いている製本方法だといえるでしょう。広く使用されている無線綴じ製本ですが、中綴じ製本とは逆に根元まで開くことができません。

そのため、根元付近は見えない、あるいは見えづらくなることを想定して原稿を作成する必要があります。

右綴じ・左綴じ

■右綴じ

右側にページをめくる形式が右綴じです。縦書きの文章であれば、右綴じが基本となります。また漫画なども右綴じとなっています。

■左綴じ

左側にページをめくる形式が左綴じです。文章が横書きになっている冊子の多くは左綴じになっています。

なお、右綴じや左綴じには必ずこうでなければいけないという基準はありません。

ノンブル

書籍に記載されているページ番号を現した数字のことを指します。

なお、新聞の場合は欄外に記載されているページ数、新聞名、日付などの総称として用いられます。

ページ数の数え方

全体のページ数を数えるときには表紙や裏表紙、白紙なども含めて数えるため、ページ総数は必ず偶数になります。

表1+表2+表3+表4+本文ページと数えるとよいでしょう。

印刷会社に印刷を依頼するときにはページ数を伝える必要がありますが、このときに間違ったページ数を伝えるとスムーズに作業が進まないことがあります。

トラブルを避けるためにも、ページ数は必ずダブルチェックしましょう。

なお、ページ数をふるときには本文の1ページ目をP1 とします。このページに目次などを入れ、次のページからP2 、P3と続いていきます。

なお、左綴じの場合は新しい章が始まるときには右ページからスタートします。必要に応じて、白紙ページを入れて調整するようにしましょう。

パンフレットのページ数

パンフレットを作成するときには、まず何ページのパンフレットにするかを決めなければいけません。

もちろんページ数はコンテンツの量を考えて決定しなければいけませんが、基本のページ数は8ページから16ページとなります。

パンフレットは中綴じ製本の場合がほとんどですが、その場合ページ数は4の倍数となります。

4ページだと表紙と裏表紙、およびその裏ページのみとなってしまうので、十分に情報を含めることができません。

かといって20ページ以上にすると、パンフレットにしては分厚すぎます。そのため、パンフレットは8ページから16ページの間で作成されることが多いようです。

なお、パンフレット作製でしばしば用いられる中綴じ製本では根元までしっかりと開けることがメリットですが、それでもずれが生じる場合はあります。

そのため、どうしてもという場合は2ページにまたがるように文字を載せることは避けてください。

  • 格安のパンフレット印刷通販会社ガイド
  • パンフレットの種類と折り方
  • 印刷通販を利用する前に解消したいQ&A