価格で徹底比較!パンフレット印刷通販会社ランキング
価格で徹底比較!パンフレット印刷通販会社ランキング
価格・品質ともに満足なパンフレット印刷通販会社を探せ
1位 印刷通販JBF
【中綴じA4/8P/コート90kg/100部/7営業日】
  6,370円
初回注文限定、毎日先着100名のみ激安のお試し印刷あり(例:中綴じA4×8ページ/100部/両面カラー/
5営業日 2,000円)
詳細はこちら
2位 イロドリ
【中綴じA4/8P/コート90kg/
100部/7営業日】6,667円
詳細はこちら
3位 PAC印刷通販プリントパック
【中綴じA4/8P/コート90kg/
100部/7営業日】19,000円
詳細はこちら
パンフレット印刷通販会社 HOME » 印刷通販を利用する前に解消したいQ&A » 目的にあったパンフレットの構成を知ろう

目的にあったパンフレットの構成を知ろう

パンフレットは目的やターゲットに合わせて構成を変えることで、より印象を残しやすくなります。

そこで目的に合わせたパンフレットの構成、デザイン例などをご紹介します。

パンフレットの構成

一口にパンフレットといっても、使用目的は様々です。

たとえば会社や学校の紹介、営業ツール、施設の案内、採用目的、商品の解説やカタログ、営業ツールなどがあります。目的が変われば一番見せたいもの、狙うターゲットも異なります。

目的に応じたパンフレットの構成を行うことで、見やすく、相手に意図が伝わりやすいものとなるでしょう。

ターゲットと目的を決める

パンフレットを構成する上で最初に考えなくてはいけないのが、「目的」と「ターゲット」を明確にすることです。

会社案内や事業内容紹介なら採用者や営業先に向けたもの、商品やサービス紹介ならそれを利用するユーザーに向けたものなどです。

見てもらう人、届けたい人を明確にすることによって使用シーンが決まり、デザインやパンフレットの形状もそれに合わせてデザインしやすくなります。

目的の優先順位をはっきりさせる

たとえば同じ会社案内のパンフレットでも、伝えたい相手が就職活動者なのか株主かによって伝えたい内容は異なってきます。

採用活動用であれば会社概要やご業務内容、福利厚生などの基本的な情報を、株主用ですと実績や株式情報などを主に載せます。

そしてその中から一番伝えたい情報は何なのかをはっきりとさせます。必ず載せたい情報から優先順位をつけるようにすると、整理がしやすいでしょう。

では具体的にどんな構成例があるのか、目的別にご紹介します。

会社案内

会社レポート

シンプルに会社の案内だけ載せたものや、事業の紹介を細かく載せた営業ツールとしてのもの、グレードをあげ他社との差別化を図るものなどがあります。

内容

会社案内の場合は、会社のコンセプト、事業概要、会社概要や沿革、アピールポイント、などが基本的な構成です。ここに商品の紹介などを一緒に載せることも可能です。

デザイン

明確にデザインが決まっているならそれを元に構成します。会社案内のパンフレットは会社をアピールするのに欠かせないツールです。会社のイメージを左右する大切なものですので、テンプレートではなくオリジナルのデザインを求める方が多いです。

明確に決まっていなくとも、会社のコーポレートカラーや、ロゴなどからイメージにあったものを制作することができます。伝えたいターゲットや目的などを明確にしておけば、デザインにも反映できるでしょう。

会社のロゴを中心に持ってきたい、シンプルや豪華なものにしたいなどの要望がある場合には、パンフレット製作会社と相談しながら制作することも可能です。

デザイン例

A4・4ページ

A3サイズを二つ折りにしたものです。事業内容やコンセプト、会社概要などを簡易的に掲載することができます。

低予算でスピーディに作成したい、数を多く作成したいという方におすすめです。

A4・6ページ

4ページのものに比べてページ数が増えた分、見た目がしっかりします。そして事業内容や商品についてより詳しく掲載することが可能です。

4ページのものからグレードを上げたい、読みやすい会社案内を作りたいという方におすすめです。

生徒・学生募集

大学や塾などの生徒を募集するためのパンフレットです。生徒や保護者に対して学校の魅力やコンセプトを印象づけるために制作します。

デザインにより学校の雰囲気も伝えることができます。

内容

学校の紹介、教育方針、学校の特徴、歴史などを掲載します。写真やイラストを効果的に使うことで分かりやすく学校のイメージを持ってもらうことが可能です。

学校を選ぶ方は手元にパンフレットを持って他校と比較される方も多いので、個性やカリキュラムなどをしっかり伝える必要があります。

デザイン

自校ならではの魅力を伝えつつ、信頼性のある雰囲気づくりが重要です。また同じ学校でも、学校の規模によって使用が変わってきます。

たとえば大学の入学案内は中学、高校、専門学校に比べてページ数が多い傾向にあります。A4サイズの他、二つ折り三つ折りのものもあります。

デザイン例

A4

4・6・8ページのタイプがあります。

4ページタイプは幼稚園などの入園案内として人気があります。特徴をコンパクトでシンプルにまとめることで読みやすく、印象に残すことができます。

6ページのタイプは幼稚園・小、中学校、高校などの入学案内として良く使われます。

8ページのものは大学の案内にとして選択されることが多いです。学科ごとの特徴やカリキュラムなどの情報を細かく掲載することが可能です。

ページ数が少ないものは予算を抑えたい方、ページ数の多いものは写真やイラストを多く使いたい方におすすめです。

アジロ

休暇のパンフレット

アジロタイプはページ数が多いパンフレットに向いています。背表紙の部分を接着剤で止めるので本のようにしっかりとしたものを作成できます。

コストはかかりますが、強度があり豪華な雰囲気を出すことが可能です。

商品紹介

展示会やイベント、販促活動用、一般消費者に向けたパンフレットです。BtoCかBtoBによっても内容は異なってきます

製品・商品をカテゴリや分野別に分けてユーザーが知りたい情報をシンプルに分かりやすく伝える必要があります。またページ数を増やせばそれだけ詳しい情報を載せることはできますが、一番伝えたい情報がぼやけてしまう可能性もあります。

内容

商品の紹介、ブランドイメージや導入実績、製品の開発者のメッセージなどが基本的な構成です。また製品のジャンルや業界のマーケットによっても載せる要素は異なってきます。

デザイン

ブランドイメージにあったインパクトのあるデザインであることはもちろん、商品の特徴や強み、仕様が見てすぐに理解できるかどうかが重要です。

内容を分かりやすくするだけでなく、パンフレット全体のデザインをマッチさせることで印象に残りやすくなります。

デザイン例

中トジ

商品紹介で多く使われるデザインです。真ん中を針金で止めて製本するため、50ページくらいまでのページ数に対応しています。特殊加工を施すこともできます。

コストを抑えつつカタログのデザインにこだわりたい方におすすめです。

まとめ

目的別のパンフレット構成例についてご紹介しました。

伝えたいターゲットや目的を明確にすることによって、優先順位がつけやすく、構成もしやすくなります。

また目的に合わせてデザインを変えることで印象に残りやすいパンフレットを作ることができます。

  • 格安のパンフレット印刷通販会社ガイド
  • パンフレットの種類と折り方
  • 印刷通販を利用する前に解消したいQ&A
メンズ脱毛webバナー_男性向け脱毛サロン比較サイトはこちら