価格で徹底比較!パンフレット印刷通販会社ランキング
価格で徹底比較!パンフレット印刷通販会社ランキング
価格・品質ともに満足なパンフレット印刷通販会社を探せ
1位 印刷通販JBF
【中綴じA4/8P/コート90kg/100部/7営業日】
  6,370円
初回注文限定、毎日先着100名のみ激安のお試し印刷あり(例:中綴じA4×8ページ/100部/両面カラー/
5営業日 2,000円)
詳細はこちら
2位 イロドリ
【中綴じA4/8P/コート90kg/
100部/7営業日】6,667円
詳細はこちら
3位 PAC印刷通販プリントパック
【中綴じA4/8P/コート90kg/
100部/7営業日】19,000円
詳細はこちら
パンフレット印刷通販会社 HOME » 印刷通販を利用する前に解消したいQ&A » パンフレット印刷でダメな会社案内の特徴とは

パンフレット印刷でダメな会社案内の特徴とは

数あるパンフレット印刷のなかでも、ダメな会社案内には共通した特徴があります。

ダメな会社案内にありがちな特徴

会社案内といえば、その会社の概要や理念などを盛り込んだ、最大の宣伝材料として作られることが多いものです。営業マンが訪問先に渡したり、来社した外部の人に渡したりすることで、自社のことを知ってもらい、取引につなげようとする意図があります。

つまり、会社案内はより訴求力を持つ必要があるといえます。このことが、勘違いにつながり、ダメな会社案内になってしまうとしたら、他人事ではありません。

見た目にこだわった会社案内

広告やセールスの分野にかかわる人であれば、アイキャッチという言葉は知っているはずです。人の目を引きつけること、またその手法ですが、会社案内でこれをやるとダメな特徴になりかねません。

そもそも、会社案内の性質上、それほど人の目を引くような要素はなくても不思議ではありません。そこで考えるのが、派手なデザインや奇抜なレイアウトです。デザイン会社の会社案内ならともかく、多くの企業では、何の冊子かわからない結果をもたらしかねません。お堅い分野の会社なら、信用を落としてしまうこともあるでしょう。

情報収集の役に立たない会社案内

ひとくちに会社案内といっても、零細企業から巨大企業まで、さまざまな会社が作っているものがあります。見開き4ページ程度の薄いものもあれば、何十ページもあるような大作まであり、見比べると面白いものです。

しかし、その会社の基本的なデータを簡単に知ることができる点は、どこの会社案内にも共通しています。これに反し、余計な装飾が多くて肝心の情報が見当たらないのもダメな会社案内によくある特徴です。

内部にしかわからない情報が多い

もうひとつ、ダメな会社案内によくある特徴として、作った側にしかわからない情報が多い点が挙げられます。特殊な業界の場合は仕方ない部分もありますが、専門外の外部の人に知ってもらうつもりはないのかと疑問に思えます。やたらと専門用語や技術的な内容を詳細に書いてあると、もはや会社案内ではなく専門書かと思ってしまうでしょう。

会社案内を制作する上で注意すること

ここまで、会社案内によくあるダメな特徴をみてきましたが、すべて「相手にどう見えるか」の視点が不足しているために起きることだといえるでしょう。会社案内を制作する上では、この視点が重要です。

会社概要はすぐわかるように

まず、会社案内の中で、何が相手に役立つかを考えます。会社案内で最初に確認することといえば、会社の基本データ・会社概要でしょう。ここはすぐにわかることが大事であり、変に凝る必要はありません。

営業内容は簡潔で明確に

次に相手が見る点といえば、自分にどのようなかかわりがありそうな会社かということでしょう。したがって、営業内容もハッキリと伝えなくてはいけません。ただし、あれこれ詰め込むのではなく簡潔明瞭を心がけます。相手は読書をするわけではないため、どんなに力説しても読んでもらえない可能性があります。

シンプルでも光るデザイン

あまり奇抜なデザインはダメですが、かといって文字が並んでいるだけの文書では記憶に残りにくいものです。自社と関連のある写真や絵を適度に配置するとともに、自分の会社らしさをアピールできる工夫を凝らしましょう。

以上のことに気をつけるだけで、ダメな会社案内ではなくなるでしょう。

  • 格安のパンフレット印刷通販会社ガイド
  • パンフレットの種類と折り方
  • 印刷通販を利用する前に解消したいQ&A
メンズ脱毛webバナー_男性向け脱毛サロン比較サイトはこちら