価格で徹底比較!パンフレット印刷通販会社ランキング
価格で徹底比較!パンフレット印刷通販会社ランキング
価格・品質ともに満足なパンフレット印刷通販会社を探せ
1位 印刷通販JBF
【中綴じA4/8P/コート90kg/100部/7営業日】
  6,370円
初回注文限定、毎日先着100名のみ激安のお試し印刷あり(例:中綴じA4×8ページ/100部/両面カラー/
5営業日 2,000円)
詳細はこちら
2位 イロドリ
【中綴じA4/8P/コート90kg/
100部/7営業日】6,667円
詳細はこちら
3位 PAC印刷通販プリントパック
【中綴じA4/8P/コート90kg/
100部/7営業日】19,000円
詳細はこちら
パンフレット印刷通販会社 HOME » 印刷通販を利用する前に解消したいQ&A » パンフレット印刷会社を選ぶポイントをご紹介致します。

パンフレット印刷会社を選ぶポイントをご紹介致します。

今回はパンフレットの印刷の見積りを出してもらう際に、どのような点に注意したらよいかをお話します。

見積りを出してもらうために印刷会社を探すわけですが、印刷を依頼する会社を選ぶ際どこに気をつけたらいいのでしょうか。

印刷会社を選ぶ基準

印刷会社

(1)自社工場を持っているか

印刷会社には2つの種類があります。

自社で印刷工場を持っている印刷会社と、印刷会社とクライアントを仲介する印刷ブローカーです。

自社に印刷工場がある会社は、デザインから印刷までを一括で行うことが出来ます。印刷ブローカーを介すと、相手に伝わるまでに時間がかかったり細かいニュアンスが伝わらなかったりする可能性があります。

パンフレットの印刷は、細部にこだわる必要があります。

そのため、密な打ち合わせが必要になってきます。自社に工場がある会社のほうが直接色々なやり取りが出来ます。

スムーズにやり取りが出来るので無駄な時間や費用もかからないため、思い通りのパンフレットが出来るでしょう。

(2)希望を叶えてくれる会社

初めてパンフレットを作る場合は、何から始めたらいいのか、どんな用紙や形式で作ったらいいのか分からないことだらけです。

そんな時に担当者が親身になって相談に乗ってくれ、様々な提案が出来る会社を選ぶことをおすすめします。

今まで取り扱ったパンフレットを実際に見せてもらえるとイメージが湧きやすいですし、良いものが作れるはずです。

見積書が安いというだけの基準ではなく、クライアントが満足できるパンフレットを作ることを第一に考えてくれる会社を選びましょう。

納品の期日を守るのは会社としては当たり前なのですが、こちらの要望をどこまで叶えてくれるか、真摯に対応してくれるかも選ぶポイントとなります。

(3)従業員の対応が良い

電話をかけた時の相手会社の対応、来社した時の対応が良い会社を選ぶこともポイントとなります。

受注してから完成まで、印刷には多くの人が関わります。社員同士の情報共有がきちんとされている会社であることは重要です。

また、メールの返信や電話の折り返しがスピーディーである点も会社選びの重要なポイントになります。

この対応が早いということは仕事に対してもスピーディーな対応をしてくれるということになります。

(4)歴史がある会社

ある程度の歴史がある会社ですと、色々な経験があるため、トラブルへの対応も適切で迅速です。

印刷を依頼しようとする時は、相手の会社の創業年数や取引先実績を確認しましょう。

見積書の取り方

(1)複数の会社から見積書を出してもらう

一つの会社だけでなく、いくつかの会社から見積書を出してもらい、その中から選び出します。

会社によって価格の幅があるので、会社の対応を含めて納得ができるところを選びましょう。

(2)見積書は同じ形式のもので出してもらう

複数の見積書を出してもらい、比較する際に違った形式の見積書ですと見比べる際に分かりにくいものです。

自社で作った見積書に記入してもらうと比較する時に見やすいので、エクセルで作って使用しましょう。

データで送ってメールで返信していただくのでもいいでしょう。

見積書の見方

計算機

(1)仕様

用紙には厚さやサイズなど様々な種類の紙があります。

この用紙によって、印刷代がかわってきます。

しかし、コストを低く抑えようとして安い用紙を使えばいいというものでもありません。

例えば、飲食店のメニューなのに濡れると破けやすい用紙を使用したらすぐに使えなくなってしまいます。

用途によって、適切な用紙を選ぶことが大切になってきます。

(2)用紙の厚さ

四六判 135kgなどと記載されます。

(3)デザイン

デザイン代が記載されます。

(4)文字修正

校正を何回までするか、回数を制限している会社がほとんどです。納期に関わるためです。

(5)出力

DDCP出力などと記載されます。デジタルデータが直接出力できるプリンターを使うということです。

(6)刷版

作成する刷版の数のことです。刷版とは、製版工程で印刷機に直接取り付けられるアルミ板のことです。

単位は「版」で、だいたいはページ数と同じ数になります。

(7)印刷

印刷作業にかかる費用が記載されます。

(8)用紙

パンフレットの印刷に必要な用紙の枚数で、部数とページ数で決まります。

パンフレットの製本のために使う用紙の枚数が記載されます。

(9)製本

印刷された用紙を本のようにする作業のことです。この製本加工の作業にかかる費用が記載されます。

(10)梱包・発送

仕上がったパンフレットを梱包し、クライアントの指示した場所に発送します。

見積書では、それにかかる費用が記載されます。

まとめ

パンフレットの印刷の見積りを依頼する際、会社選びから始まるわけですが信頼できる会社を何件か探し出して見積書を出してもらうことが大切です。

また、見積書が完成してきた際に、内訳について不明な点があった場合は印刷会社に問い合わせましょう。

  • 格安のパンフレット印刷通販会社ガイド
  • パンフレットの種類と折り方
  • 印刷通販を利用する前に解消したいQ&A