価格で徹底比較!パンフレット印刷通販会社ランキング
価格で徹底比較!パンフレット印刷通販会社ランキング
価格・品質ともに満足なパンフレット印刷通販会社を探せ
1位 印刷通販JBF
【中綴じA4/8P/コート90kg/100部/7営業日】
  6,370円
初回注文限定、毎日先着100名のみ激安のお試し印刷あり(例:中綴じA4×8ページ/100部/両面カラー/
5営業日 2,000円)
詳細はこちら
2位 イロドリ
【中綴じA4/8P/コート90kg/
100部/7営業日】6,667円
詳細はこちら
3位 PAC印刷通販プリントパック
【中綴じA4/8P/コート90kg/
100部/7営業日】19,000円
詳細はこちら
パンフレット印刷通販会社 HOME » 印刷通販を利用する前に解消したいQ&A » パンフレット作成時に注意すべき、画像やイラストの著作権について

パンフレット作成時に注意すべき、画像やイラストの著作権について

著作権は、知的財産権と呼称される場合があります。はっきりした形を持たない無体財産権のことで、作品を創作した者に与えられる権利です。

著作権は、文学・芸術・美術・音楽の範囲に属するもので、思想または感情を創作的に表現したものに与えられます。

著作権の内容

著作権

(1)著作者人格権

著作者が著作物を作ったことを証明して、保護する権利のことを言います。

(2)著作財産権

著作者が創作した著作物を「営利目的」で利用する際に生じる権利のことです。

一般的にいう「著作権」のことを言います。

著作権が侵害されたら

著作権の侵害については、そのまま使用するだけでなく、似たようなキャッチコピーや商品名を少し変えて販売することでも訴えられる可能性があります。

有名なお菓子の商品名を面白くして販売したことで裁判になったというケースもあるのです。

著作権が侵害された場合は、著作者が訴えを起こさないと罪になりません。

著作権を侵害された場合、侵害の差し止めと損害賠償を求めることが出来ます。

また、故意に著作権を侵害した場合は、罰金または懲役、またはその両方が刑事罰として科せられることがあります。

最近ではインターネットの普及によりSNSで勝手に画像を使用してしまうというケースも多くなってきています。

その場合、著作権の知識がなく著作権の侵害をしてしまっている場合が多いのです。

しかし、パンフレットを制作する会社が著作権を侵害してしまい、訴訟などということになったら、会社の信用を失うことにもなりかねません。

そのようなことにならないよう、著作権に関して正しい知識を持つことが必要です。

画像やイラスト無料素材利用について

パンフレットを作成するときに、カメラマンやイラストレーターを雇う予算がないときなどに助かるのが、インターネットから探せる無料素材サイトです。

しかし、ここで気をつけなければならないことがあります。

(1)無料素材サイトを利用する場合

無料サイトを使用する際に注意したいのは、無料のフリー素材(画像)を使用する際は、商用で利用する場合は有料になるところが多いということです。

また、画像素材の中には出版や印刷には使えないということもあります。画像素材サイトには、このような規定が書かれています。

もし、それをよく読まず商用のパンフレットに画像を使用してしまったら、規約違反となってしまいます。

画像を使用する場合は契約条件をしっかり確認することが必要です。

(2)素材サイトによって利用規約が違う

インターネットにはたくさんの画像やイラストの素材サイトがあり、とても助かります。

どこのサイトでも同じような利用規約が書かれていると思いがちですが、実はサイトによって細かく利用方法の規定が違っているのです。

例えば、出会い系、アダルト、婚活、探偵のサイトには利用できないなどという規約があります。

このような場合、利用規約をしっかり読んでおかないと「大丈夫だろう」と使用してしまい、規約違反を犯してしまうことになります。

商用フリーと書かれているサイトでもしっかり利用規約を確認しておきましょう。

(3)同じ写真が他で安く売られていないか探す

インターネット上で販売されている画像と市販のCD-ROMに入っている画像が同じなのに値段が違うということがあります。

よく調べてから使用することをおすすめします。

(4)写真の大きさや向きに注意する

市販のCD-ROMに収納されている画像の多くはWEB向けのものです。

もし、その画像を使用する時はその画像の画像サイズ、画像解像度が制作するパンフレットに使用できるかどうかを確認する必要があります。

また、市販の画像が横向きのものがほとんどなので、パンフレット制作の際に支障がある場合があります。

縦位置の向きの画像が入っているかも確認しておきましょう。

会社側が撮った写真でも著作権侵害になることもある

法人契約

会社の社員が撮った写真でも著作権の侵害になるということもあります。

(1)被写体に人が写っている場合

会社の社員が写した写真でも、その写真の中に人が写り込んでいる場合、著作権の侵害となる場合があります。

人が写っている写真を無断でパンフレットに使用してしまうと、被写体の肖像権の侵害になります。

肖像権とは、自身の姿を承諾なしに他人に利用されない権利のことです。これは個人のプライバシーを守るためのものです。

写真を撮る時に事前に本人の承諾を得ないで写真を撮ること自体が肖像権の侵害になります。

個人を特定できるような写真をパンフレットに使用することはできません。

(2)建物にも著作権がある場合がある

人だけではなく、著作権を有している建物があります。芸術性がある建物には著作権があるものがあります。

また、文化財として指定されているところやアミューズメントパークなどでは建物そのものや、公開に関して制限しているところもあります。

また、個人の住宅などには著作権はありませんが、個人情報の流出として訴えられる可能性がゼロではありません。

これを注意してパンフレットを制作しましょう。

まとめ

このように、パンフレットを制作する際は、画像やイラストの著作権を意識して正しい知識を持っておくことが大事です。

もしも、パンフレットの制作を業者に依頼する場合も業者に著作権についての認識を持ってもらい、納得のいくパンフレットを制作しましょう。

  • 格安のパンフレット印刷通販会社ガイド
  • パンフレットの種類と折り方
  • 印刷通販を利用する前に解消したいQ&A