価格で徹底比較!パンフレット印刷通販会社ランキング
価格で徹底比較!パンフレット印刷通販会社ランキング
価格・品質ともに満足なパンフレット印刷通販会社を探せ
1位 印刷通販JBF
【中綴じA4/8P/コート90kg/100部/7営業日】
  6,370円
初回注文限定、毎日先着100名のみ激安のお試し印刷あり(例:中綴じA4×8ページ/100部/両面カラー/
5営業日 2,000円)
詳細はこちら
2位 イロドリ
【中綴じA4/8P/コート90kg/
100部/7営業日】6,667円
詳細はこちら
3位 PAC印刷通販プリントパック
【中綴じA4/8P/コート90kg/
100部/7営業日】19,000円
詳細はこちら
パンフレット印刷通販会社 HOME » 印刷通販を利用する前に解消したいQ&A

印刷通販を利用する前に解消したいQ&A

印刷通販を利用するにあたって、気になる疑問を解決!パンフレットの種類やなぜコストが削減できるのかなどを、Q&Aで紹介します。

パンフレットに適した紙の種類は?

一般的なオフセット印刷ならアート紙やコート紙があります。コート紙といってもマットコートやグロスコートもあり、表紙をグロスにして中をマットにするなど使い分けが可能です。

高級感を演出したい場合はキャストコート紙やPP加工などを使うのも有効。出来上がりに厚みを出したい場合は厚みのある紙を、ボリュームを出したくない場合は薄いものを選んだりするなど、必要性やコストのバランスで考えます。

なぜ印刷通販は安いの?

印刷通販は自社サイトから24時間随時注文を受け付けており、人件費・営業コストがかからないことで大幅なコスト削減をはかっています。また、自社で一貫生産することで、さらに低価格を実現している印刷通販会社もあります。

最新鋭の印刷機を導入している会社なら、職人の技術と合理的な品質管理システムの融合により、高品質を保ちながら印刷物を安く提供することが可能です。

オンデマンドとオフセットの違いって?

オフセット印刷は、パンフレットやカタログなどに用いられる高品質な印刷です。デジタルデータから刷版を作成して、その版にインクをのせ、ローラーに移して紙に印刷を行っていきます。

レーザプリントやインクジェットプリンタに比べると発色がとても良く、細かい絵柄や線も表現可能。ただし刷版が必要になるため少ない印刷部数でもコストがかかります。

一方オンデマンド印刷は、必要なものを必要なときに印刷するもので、オフセット印刷で必要だった刷版を作成する工程のないスピーディーな印刷です。

デジタルデータをダイレクトに印刷するため、生産コストを減らすことができます。少ない部数の印刷には大変便利です。

クライアントに直接納品はできる?

多くの印刷通販会社では、代行納品サービスを行っています。商品発送時には名義を発注者にしてもらえますし、印刷通販会社の名前や料金が分かるものは一緒に梱包されないので安心して利用ができます。

ただし注意したいのは、配送料金です。ほとんどの印刷通販会社では1配送先まで送料無料サービスはありますが、配送先が2ヶ所以上の場合は送料が追加されます。

また、配送先を複数に対応していない場合や3ヶ所、5ヶ所といった制限があるところも多いので、数多くの配送先を予定している場合はあらかじめ発送先はどれくらいまで可能なのか調べておきましょう。

専門・業界用語集

パンフレット印刷を依頼するときに、専門用語がわからないと上手く注文できない場合があります。 印刷の種類やデーター形式など、複数種類あるので戸惑ってしまうこともあるでしょう。
ここでは知っておくとスムーズに注文できる専門・業界用語をまとめています。

専門・業界用語集

料金相場の目安は?

パンフレットを注文するときに気になるのが料金相場。誰しもできるだけ安く注文したいと思うものでしょう。
ここでは中綴じ・折り加工・リーフレットの3つの形式ごとに平均相場を記載しています。それぞれの種類ごとに一番安い印刷通販会社も紹介しているのでチェックしてみてください。

料金相場の目安は?

パンフレット印刷に向いている用紙

紙にはコート紙やマットコート紙、上質紙などさまざまな種類があります。パンフレットを作る際に、どの用紙にしようか迷ってしまうこともあるでしょう。それぞれの紙にはオススメの用途があり、パンフレットに向いている紙もあれば向いていない紙もあるのです。
ここではパンフレットを作る際におすすめの用紙とそうでない用紙をまとめています。

パンフレット印刷に向いている用紙

用紙サイズの特徴

用紙の大きさによって、パンフレットを受け取った人が感じる印象は大きく変わるもの。どのような印象を与えたいかによって、サイズを選ばなければなりません。
ここではパンフレットの大きさを6種類紹介しています。A判・B判それぞれの豆知識もまとめているので要チェックです。

用紙サイズの特徴

パンフレット印刷をするには?オーダーの流れを解説!

業者にパンフレットを注文する際に、「何を準備しておけばよいの?」「何から手を付ければ良いの?」と迷うこともあるでしょう。
ここではパンフレット印刷をする際の流れをまとめています。「原稿作り」から「最終的に料金を支払う」までをすべて記載しているので、これから業者に依頼しようと思っている方は注文する前に確認しておくと良いでしょう。

パンフレット印刷をするには?オーダーの流れを解説!

メニューによって売上が全然違う?飲食店のメニューを作る際の注意点

飲食店にとって、お客さんが来た時に提示するメニュー表は重要なもの。メニュー表1つで、売り上げがアップしたり、下がったりと大きく異なるともいわれています。
ここでは看板メニューを大きく打ち出す、メニューと一緒に食材や調理法を入れるなど売り上げがアップするメニューを紹介。素材やレイアウト、写真の有無などについても記載していますよ。

メニューによって売上が全然違う?飲食店のメニューを作る際の注意点

パンフレット作成におすすめのフリーソフト

パンフレットの印刷に関して、印刷通販会社・ネット印刷会社を利用するとコスト削減に繋がります。ただ、デザインを依頼するとなると、どうしてもデザイン費がかかってしまいコストがかかってしまうでしょう。その場合に利用したいのがフリーソフト。
ここでは世の中に数多く存在するフリーソフトを紹介しています。IllustratorやPhotoshopを似ている機能が使えるソフトもあるのでぜひ参考にしてください。

パンフレット作成におすすめのフリーソフト

パンフレット印刷会社を選ぶポイントをご紹介致します。

お金を払って依頼するものだからこそ、失敗したくありませんよね。
ここでは満足のいく形で印刷するための、印刷会社を選ぶポイントを紹介しています。依頼した場合の見積書の取り方や見方もまとめていますよ。注意すべきことや見るべき箇所もまとめているので、ぜひ参考にしてください。

パンフレット印刷会社を選ぶポイントをご紹介致します。

パンフレット作成時に注意すべき、画像やイラストの著作権について

パンフレットを作る際に、著作権を気にせずイラストや名前を使用すると、著作権侵害になることがあります。著作権とは美術や音楽、芸術や文学などに属しているものに与えられる権利です。
ここでは、著作権が侵害された場合にどうなるかや、無料素材利用に関する注意点などを調査。ついやってしまいがちなパターンも紹介してるのでぜひチェックしてください。

パンフレット作成時に注意すべき、画像やイラストの著作権について

他社に差がつく目立つパンフレットの作り方

どこの業者も他社と差別化のある独自のパンフレットを作りたいと思っているでしょう。予算内で多くの人の目を惹くようなパンフレットを作るにはどんな工夫をすれば良いのでしょうか。
ここでは大きさ・キャッチコピーなど他社と差をつけたパンフレットの作り方を紹介。どこよりも良いものを作りたいという担当者の方はぜひ参考にしてください。

他社に差がつく目立つパンフレットの作り方

紙の種類のkg表記ってなに?

紙の種類を選ぶ際に「上質100kg」「コート90kg」などの表記を見たことがあるのではないでしょうか。一般的に紙の厚さを計る際は「mm」を使いますが、印刷の業界では多くの紙を用いるので「kg」を使用するのです。
ここでは表記が表す意味やその理由、見方などをまとめているので、注文する前にぜひ確認してくださいね。

紙の種類のkg表記ってなに?

洋服カタログを作る際の注意点

パンフレットは、食べ物や小物、洋服など売りたいものによって何を見せたいのか変わってきます。 特に洋服のカタログやパンフレットを作る際は写真の撮り方や解像度、加工法などに注意しなければなりません。洋服は形はもちろん、色も大切になってくるので見る人にどのようなイメージを与えたいのかが大切なのです。
ここでは、洋服カタログを作る際の注意点をいくつかまとめました。

洋服カタログを作る際の注意点

手書きとデータ原稿が混在する時はどうすれば良いの?

パソコンで綺麗に印刷された文字が必ずしも良いというわけではありませんよね。お店によっては、「手書きで手作り感を出したい」という場合もあるでしょう。
ここでは、データ原稿と手書きを使ったパンフレットの作り方を紹介。手書きのメリットや注意点、手書きを業者が対応するかどうかなどもまとめていますよ。

手書きとデータ原稿が混在する時はどうすれば良いの?

パンフレット印刷でダメな会社案内の特徴とは

業者にとって会社案内は会社の顔ともいえるもの。自社のことを知ってもらうためのページです。 ただ、パンフレット印刷の中にはダメな会社案内の場所もあります。見た目だけにこだわっている、中身がないなど…。
ここでは会社案内を作るうえで注意することを記載しているので要チェックです。

パンフレット印刷でダメな会社案内の特徴とは

パンフレット印刷のデータ修正サービスって使えるの?

パンフレット印刷を通販で利用した際に、データに不備があると修正しなければなりません。ただ、不備があったときの修正は非常に手間となり、時間もかかってしまいます。早く作りたかったのに、逆に遅くなってしまう場合もあるでしょう。ここではデータを修正してくれる修正サービス業者を紹介しています。知っておいて損はないでしょう。

パンフレット印刷のデータ修正サービスって使えるの?

事前に把握しておこう!印刷会社とのトラブル例

スムーズに取引きするのが理想的ですが、印刷会社とトラブルになる場合もあります。ここではトラブル例を記載しているので、これから依頼しようと考えている方は事前に確認しておきましょう。 また、ネット業者の特徴やトラブル回避策も記載しているのでぜひ参考にしてくださいね。

事前に把握しておこう!印刷会社とのトラブル例

目的にあったパンフレットの構成を知ろう

パンフレットは目的にあった形式で作る必要があります。会社案内や生徒、学生募集などそれぞれ目的は異なるので、ターゲットを絞ったうえで作ることが大切です。印象に残るようなパンフレットにするために、目的に合わせたパンフレットのデザイン例や構成などをまとめています。

目的にあったパンフレットの構成を知ろう

パンフレット印刷会社を選ぶポイントをご紹介致します。

  • 格安のパンフレット印刷通販会社ガイド
  • パンフレットの種類と折り方
  • 印刷通販を利用する前に解消したいQ&A