価格で徹底比較!パンフレット印刷通販会社ランキング
価格で徹底比較!パンフレット印刷通販会社ランキング
価格・品質ともに満足なパンフレット印刷通販会社を探せ
1位 印刷通販JBF
【中綴じA4/8P/コート90kg/100部/7営業日】
  6,370円
初回注文限定、毎日先着100名のみ激安のお試し印刷あり(例:中綴じA4×8ページ/100部/両面カラー/
5営業日 2,000円)
詳細はこちら
2位 イロドリ
【中綴じA4/8P/コート90kg/
100部/7営業日】6,667円
詳細はこちら
3位 PAC印刷通販プリントパック
【中綴じA4/8P/コート90kg/
100部/7営業日】19,000円
詳細はこちら
パンフレット印刷通販会社 HOME » パンフレットの種類と折り方 » 中綴じ

中綴じ

ここでは、会社案内・営業案内・学校案内などでよく使われる、中綴じ印刷についてまとめています。

パンフレット印刷の王道、中綴じとは?

パンフレット印刷の中でも最もスタンダードなスタイルが「中綴じ」です。本を開いた状態で重ねて、真ん中をホチキスで2ヶ所留める製本形式です。

A4サイズで8ページや12ページ、16ページなど、4の倍数で構成されています。

紙を重ねるため、ページ数が多くなったり紙が厚くなったりすると、ずれが生じやすくなります。このずれを防ぐために綴じる部分であるノド側のデータ位置をずらし、小口側を揃える“クリープ処理”を行います。

厚い本を中綴じ製本するのは難しく、それなりのノウハウが必要。通常の中綴じは針金の太さは#25ですが、さらに太い#21を使用したり軟らかい紙を使用したりするなどで対応ができます。

どちらにせよ、ページ数が多い場合は事前に可能かどうか確認すると良いでしょう。

また、一般的な縦型(縦長)以外にも、横型(横長)タイプや変形サイズにも対応している通販会社もあります。

中綴じがよく用いられるもの

中綴じのメリット・デメリット

【メリット】

【デメリット】

  • 格安のパンフレット印刷通販会社ガイド
  • パンフレットの種類と折り方
  • 印刷通販を利用する前に解消したいQ&A