価格で徹底比較!パンフレット印刷通販会社ランキング
価格で徹底比較!パンフレット印刷通販会社ランキング
価格・品質ともに満足なパンフレット印刷通販会社を探せ
1位 印刷通販JBF
【中綴じA4/8P/コート90kg/100部/7営業日】
  6,370円
初回注文限定、毎日先着100名のみ激安のお試し印刷あり(例:中綴じA4×8ページ/100部/両面カラー/
5営業日 2,000円)
詳細はこちら
2位 イロドリ
【中綴じA4/8P/コート90kg/
100部/7営業日】6,667円
詳細はこちら
3位 PAC印刷通販プリントパック
【中綴じA4/8P/コート90kg/
100部/7営業日】19,000円
詳細はこちら
パンフレット印刷通販会社 HOME » パンフレットの種類と折り方 » パンフレット印刷以外の印刷で作る販促物

パンフレット印刷以外の印刷で作る販促物

販促物の印刷としてメジャーなものの代表例がパンフレット印刷です。しかし、パンフレットだけが販促物としての印刷物ではありません。ポスターも同様に代表的な販促物だといえます。その他にもさまざまな印刷物が販促物として活用されています。ここでは、単に販促物としての効果があるものから、ポケットティッシュやうちわなどのように貰い手が実用品として使用可能なものまで、パンフレットと一緒に使える印刷販促物について解説します。

パンフレット以外の単機能の販促用印刷物

パンフレットと同様に、もっぱら販促物としての機能を持つものはポスターやはがき、封筒です。

ポスター

ポスターは、一枚で訴求効果をもたらす効果的な販促用印刷物です。通常は、ある程度の大きさで印刷されるものですが、場合によってはチラシなどと同じような大きさのものを使うこともあります。

また、ポスターは、一般的に壁に貼り付けてそこを通る人たち、その場にいる人たちの視覚に訴える印刷物です。ある程度の大きさが必要な理由もここにあります。手にとって見るものではないため、少し離れた位置からでも内容がわかることが大前提です。同時に、可能な限り多くの情報を盛り込みたいという事情もあります。そのためには、大きな印刷物であることが重要です。

よく使われるサイズとしては、B3・A2・B2・A2・B1・A1があります。大きなものではA0などもありますが、あまり大きすぎても貼る場所が見つからないということになりかねません。ポスター作りをするときは、そのあたりも考慮してサイズを決める必要があります。

はがき・封筒

はがきや封筒は販促物としてよく使われています。挨拶状や催し物の案内に利用されるはがきは、直接相手に届くタイムリーな販促物です。また、封筒はパンフレットを入れて渡す際に、社名やワンポイントの宣伝文句などを表に見せることができる優秀な販促物だといえるでしょう。もちろん、案内はがきを一緒に入れておくこともできます。

販促以外の機能を持った販促用印刷物

パンフレットなどと異なり、受け取った側が販促物以外の使い方ができるものも多数あります。

カレンダー

カレンダーも販促物の定番といえる印刷物です。パンフレットやポスターなどと異なり、販促物としてのカレンダーには、自社の要素を印刷したものと、相手の要素を印刷したものがあります。多くは、自社の社名や商品画像を印刷したものですが、許可を得て顧客の社名などを印刷して、記念品のような形にすることもあるのです。ただし、無許可で相手の社名やロゴその他を印刷することは、トラブルの元ですので注意しましょう。

うちわ

夏場には、もらったパンフレットをうちわ代わりにしてあおぎだす人がいます。それなら、パンフレットと一緒に広告宣伝文句を印刷したうちわを渡せば喜ばれること間違いなしです。実際、大きなイベントに行くとたくさんもらえることがありますが、うちわといえば販促物で賄っているという人も少なくないようです。

ポケットティッシュ

お手軽な販促物の定番ともいえるのがポケットティッシュです。実際に印刷するのは、ポケットティッシュの広告欄ともいうべき差込式の紙ですが、受け取る側としてはティッシュがメインとなることから紙媒体以外のものといえます。単なる広告宣伝にとどまらず、実用性がある点がポケットティッシュの強みです。パンフレットだけを渡すよりも、相手の反応がよくなる期待が持てるでしょう。

名入れタオル

営業会社では、年末年始の挨拶回りに名入れタオルを配って歩くことが珍しくありません。また、来店記念品や契約者への粗品などとしても重宝されています。タオルを使わない家庭は少ないでしょうから、もらう側も嫌な気にはならないことが多いと考えられます。

  • 格安のパンフレット印刷通販会社ガイド
  • パンフレットの種類と折り方
  • 印刷通販を利用する前に解消したいQ&A