価格で徹底比較!パンフレット印刷通販会社ランキング
価格で徹底比較!パンフレット印刷通販会社ランキング
価格・品質ともに満足なパンフレット印刷通販会社を探せ
1位 印刷通販JBF
【中綴じA4/8P/コート90kg/100部/7営業日】
  6,370円
初回注文限定、毎日先着100名のみ激安のお試し印刷あり(例:中綴じA4×8ページ/100部/両面カラー/
5営業日 2,000円)
詳細はこちら
2位 イロドリ
【中綴じA4/8P/コート90kg/
100部/7営業日】6,667円
詳細はこちら
3位 PAC印刷通販プリントパック
【中綴じA4/8P/コート90kg/
100部/7営業日】19,000円
詳細はこちら
パンフレット印刷通販会社 HOME » パンフレットの種類と折り方 » その他

その他

パンフレットのサイズや形状は、様々な種類を選ぶことができます。ここでは、ポケットファイルやポケットフォルダー付きのパンフレットや、規格外のパンフレット印刷の種類を紹介します。

ポケットフォルダー付きパンフレット

二つ折り見開きタイプで表紙を開いたページの右側にポケットを作り、そこにペラを数枚挿入させるタイプや、中綴じにして最終ページにポケットを作り、そこにペラを挿入するタイプなどがあります。

メリットとしては、製品情報などが変わった際にその箇所の印刷物のみを差し替えることができることです。印刷加工費が最小に抑えられるため、中長期的に見るとコストダウンできることもあります。

ポケットの形状を会社のロゴマークをイメージするものに変えたりすれば、デザイン的なアクセントとしても有効。ポケット部に名刺スリットをつけたり、ポケットを見開き左右に配置したりと、アレンジもできます。

規格外タイプ

一般的に規格サイズがあふれている中では、あえて規格外サイズのパンフレットを作ることで個性を発揮することができます。

既成にとらわれない非日常感が、手にとるユーザーにインパクトをあたえてくれるので、ブランドを強くイメージさせたいときにも有効です。

各種組み合わせ

中綴じに観音開き、ポケットファイル、ペラ差込みなど、いくつもの種類を組み合わせて作ることもできます。

中綴じでページ片側を観音開きにした場合、ページ数を増やしたり大きくインパクトのあるビジュアルを伝えることができたりなど、機能性と視覚効果をアップさせることが可能です。

観音開きタイプ

観音折り加工を施したタイプです。A4・片側(両側)に観音折り加工を施すことで、見開き6~8ページの構成にすることが可能です。6ページのものを片観音折り、8ページのものを両観音折りといいます。見開きで3~4ページを一気に使用できるので、ダイナミックに表現したい場合や、全体像を一気に把握してもらいたい場合に効果的です。また表紙から2ページ、3ページ目とストーリー性を持たせることができます。

6ページ観音折りタイプ

簡易版として使用されることの多いタイプです。観音三つ折りで6ページ構成になっています。会社案内などにも使用できますが、本格的にPRをしたい場合の会社案内にはやや軽さを感じるかもしれません。会社案内というよりは営業活動で使われることの多いタイプです。

中綴じ観音折りタイプ

基本は中綴じタイプですが、ページの片側または両側を観音折開きにします。観音折りのページは見開きなどので、インパクトのあるデザインを配置できます。会社案内や営業用として製品・サービスなどの情報を紹介したい場合、ユーザーの印象に残りやすいパンフレットを制作できます。

8ページに中綴じの場合、1ページを片観音折りにすれば2ページ分を増やすことができ、合計10ページの構成となります。

無線綴じタイプ

ページ数が多いパンフレットに使われます。50ページ以上になり、中綴じはできない場合にこの形式を使用します。針や糸で綴じずに、背表紙を専用の糊で固めて綴じます。

ボリュームがあるので、数のある商品や、商品を細かく紹介したい場合に使用します。

PUR製本

無線綴じの一種です。PURとはポリウレタンリアクティブの略で、糊にPUR系ホットメルト接着剤を使用しています。通常の糊より強い接着力があるのでページを大きく開くことができます。

パンフレット+WEB制作

パンフレットだけでは説明しきれない内容を紹介するために、WEB媒体と一体的に制作することもできます。紙面で語りきれなかった情報、または動画で説明した方が分かりやすい情報などをWEBに載せることによって、より興味を持ってもらいやすく、印象に残りやすくなります。さらに問い合わせもWEB上から行うようにすれば、コミュニケーションにも繋がります。

もちろんパンフレットとして情報を手元に残すこともできるので、WEBだけのように「どこの会社だったかな?」とすぐ情報が流れていくこともありません。

エコ綴じ加工

ホッチキスなどの針を使わずに、折り方と糊付けで製本する方法です。針を使っているとリサイクルには出せませんが、エコ綴じ加工が施されている場合は、容器包装リサイクル方法などにも対応できます。また本を触った子どもが針でケガをすることもないので、子ども向けの冊子や子どもがいる方向けのパンフレット(学校案内など)にも適しています。

エコ綴じは8~12ページのものに使用できます。また針ではなく糊を使うことでコストを納期をおさえることが可能です。

ラミネート加工

長期保存と質感アップに役に立つ加工方法です。代表的なものにPP加工やパウチ加工があります。

PP加工が主に表紙に施し、汚れなどから紙を守ってくれます。ツヤのあるクリアと艶のないマットタイプの2種類があります。パウチ加工は、1枚の紙をフィルムで挟み熱で圧着させる加工です。レストランのメニューなどによく使用されます。

また紫外線を照射すると瞬時に硬化するニスを使用したUVでニスコーティングなどもあります。

印刷の種類

印刷方法にも様々な種類があります。そのため同じパンフレットの種類でも印刷方法を変えるだけでぐっと印象が変わります。またコストを抑えたい、豪華にしたいなどの要望に応えることができます。

オフセット印刷

現在の一般的な印刷方法です、印刷機に1枚1枚が切り離されている紙をセットして印刷を行います。「版」と呼ばれる印刷イメージが作られたものを、ゴムのブランケットなどに転写(オフセット)してから紙に印刷する方法です。最近では「版」に直接データから出力する方法が主流です。オフセットといえば多くが平版を用いるため、オフセット印刷といえば平板オフセット印刷のことを指します。

高精細な印刷ができ、500部~数万部など様々な枚数に対応できます。また比較的コストパフォーマンスが高い印刷方法ですが、少部数の印刷では割高になることもあります。また数10万部を超える場合もオフセット印刷より輪転印刷の方が適しています。

輪転印刷

印刷機に巻き取り紙をセットして印刷するオフセット印刷のことです。通常のオフセット印刷より高速で印刷できるので、大量の部数が必要な場合や、ページ数が多い場合の印刷にぴったりです。また後加工もインラインで行うことが可能です。

10万部以上の高精細な印刷や、表裏16~32ページの同時印刷が行えます。

凸版印刷(活版)

凹凸のある版の凸部分にインキをつけて印刷する方法です。加圧し、紙にインキを天使させます。昔は鉛でできた活字を印刷機にセットしてましたが、現在ではパソコンで作ったデータをフィルムに出力します。そして光に反応する樹脂の板に貼付け、光を照射すると光が当たった部分は水に溶けなくなります。水で不要な部分を洗い流すと版の完成です。

スクリーン印刷

スクリーンと呼ばれる孔版にインキをのせて、裏面にインキを押し出すことで印刷をする方法です。曲面や布地にも印刷が可能です。

オンデマンド印刷

「版」を作らず、データから直接印刷する方法です。50部や100部などの少部数の印刷物を低価格で作るのに適しています。また版を作らなくてよいので短期間で完成させることが可能です。数十部~数100部程度の少部数の印刷におすすめです。

しかしオフセット印刷と比較すると、写真の再現度が若干落ちます。また印刷後の後加工は対応できないこともあります。またA3印刷までしか印刷できないとされます。

フレキソ印刷

表面が平滑ではない印刷物に印刷する場合に適した方法です。柔軟性のある樹脂板やゴム版を使用します。紙袋や段ボール、牛乳パックなどの印刷に使われますが、シールやラベル、建材などの印刷に使用されます。また水性インキやUVインキなどの環境に優しいインキが使用できるので注目が集まっています。

水なし印刷

通常のオフセット印刷は、インキを使用してインキの付かない部分を作っていました。しかしその廃液にはイソプロピルアルコールなどの有害物質が含まれています。水なし印刷はその名の通り水を使用せずに印刷することができるので、廃液などがでません。また水でインキがにじまないので、くっきりとした印刷物になります。

インキの種類

大豆油インキ

インキに含まれる石油系の溶剤の一部を大豆油に変えたインキです。大豆油は植物性なので、揮発が少なく廃棄後の分解が簡単なのがメリットのひとつです。そのため用紙をさせる場合の脱色にも使われます。

アメリカではアメリカ大豆協会(ASA)が大豆油の使用を推奨しており、基準に合った大豆油インキにはロゴマークを入れることが可能です。

ノンVOCインキ

インキ成分の中の石油系溶剤を植物油などに置き換えたインキです。1%未満に抑えたものをノンVOCインキといいます。VOCは鉱物油のことで揮発性有機溶剤を含みます。この鉱物油を製造過程で含有していないものがノンVOCインキと呼ばれます。

ライスインキ

日本国内で廃棄されている米ぬかを再利用して作られたインキです。大豆の多くは海外から輸入されるため、輸送マイレージの低減にも繋がります。基準に合ったインキは専用のロゴマークを入れることができます。

  • 格安のパンフレット印刷通販会社ガイド
  • パンフレットの種類と折り方
  • 印刷通販を利用する前に解消したいQ&A