価格で徹底比較!パンフレット印刷通販会社ランキング
価格で徹底比較!パンフレット印刷通販会社ランキング
価格・品質ともに満足なパンフレット印刷通販会社を探せ
1位 印刷通販JBF
【中綴じA4/8P/コート90kg/100部/7営業日】
  6,370円
初回注文限定、毎日先着100名のみ激安のお試し印刷あり(例:中綴じA4×8ページ/100部/両面カラー/
5営業日 2,000円)
詳細はこちら
2位 イロドリ
【中綴じA4/8P/コート90kg/
100部/7営業日】6,667円
詳細はこちら
3位 PAC印刷通販プリントパック
【中綴じA4/8P/コート90kg/
100部/7営業日】19,000円
詳細はこちら
パンフレット印刷通販会社 HOME » パンフレットの種類と折り方

パンフレットの種類と折り方

パンフレットには、さまざまな折り方の種類があります。このカテゴリではよく利用される中綴じや折り加工、ポケットファイル付きパンフレットなどの規格外のものについて紹介します。

それぞれどのようなものなのか、どのようなところで利用されているのか、コンテンツ内容に最適な種類はどれなのかを知りたいときに、ぜひご覧になって下さい。

種類の選び方は、まず「目的」や「どのようなお客様を意識しているか」で変わります。印刷通販会社に発注をするときは、「中綴じ冊子印刷にしよう」や「A4ポケット付き中綴じ冊子にしよう」など、具体的な製本方法を選んで注文をすることになります。

同じ冊子印刷でも中綴じ、無線(アジロ)綴じなどもあり、製作物によって使い分けが必要ですし、納品日や価格なども違ってきます。

初めて注文をする方、よく分からない方は、メールや電話にて通販会社に相談をしながら進めると良いかもしれません。その場合は各会社の口コミ評判を参考にしてみて、電話対応などサポートが充実したところを選ぶのがおすすめです。

パンフレットの種類 比較早見表

                                                                                       

種類 説明 メリット デメリット
中綴じ 最もスタンダードなタイプ。
ページを見開きで重ね、真ん中をホチキスで留める方式。

オーソドックスな見た目

・根元まで開くので、見開きのレイアウトが可能

コストが安い

・綴じられるページ数(厚さ)に制限あり

・ページが固定されているため、コンテンツが変えられない

折り加工 1枚の紙を折り曲げる方式。

・1枚の紙にさまざまな機能をプラスできる

・用途に合わせたバリエーションが豊富

・大きな印刷物をコンパクトにできる

・折り曲げた部分がやぶけたり、白く浮く「割れ」が起きやすい
リーフレット 1枚刷りで、綴じられていない印刷物のこと。

コンパクトに仕上がる

・持ち運びやすい

・折り方によってはデザインが難しい

中綴じの主な用途は会社や学校の案内、営業資料、広報誌、雑誌、小冊子、取扱説明書など。

ある程度ページ数があるパンフレットに向いています。

折り加工は、会社や店舗の商品・サービス紹介、映画やイベントのパンフレット、会場マップ、ダイレクトメールなどに使われることが多いです。

折り曲げることでページ数を増やし、載せられる情報量を多くできるので、カタログなどにも向いています。

リーフレットは折り加工と似ていますが、だいたい2つ折りや3つ折りなどにして使うことが多く、どちらかというと情報量の多くない、簡易な説明に適した方式です。

そのため、主な用途は病院や宿泊施設に置いてある資料、商業施設のフロアマップ、観光案内など。

それぞれの特長・用途があるので、自分の目的に合わせて、適した加工方法を選んでくださいね。

  • 格安のパンフレット印刷通販会社ガイド
  • パンフレットの種類と折り方
  • 印刷通販を利用する前に解消したいQ&A